SOBAフレームワークとは?What's SOBA framework?

ビジュアルコミュニケーションのためのミドルウェア

SOBAフレームワークとは、京都大学を中心とした産官学共同プロジェクト「SOBAプロジェクト」によって研究開発が行われたビジュアルコミュニケーションのためのミドルウェアです。
SOBAフレームワークととして実装されているビジュアルコミュニケーションのためのソフトウェアパーツ群を利用してアプリケーションを構築することができます。
当初、これらのパーツ群は、Javaアプリケーションのライブラリとして実装されていました。

第二世代のSOBAフレームワーク・クラウド

SOBAフレームワークでは、パーツ群がJavaアプリケーションのライブラリでしたが、第二世代のSOBAフレームワーク・クラウドでは、HTMLのタグとして実装されました。
つまり、各種のビジュアルコミュニケーションのパーツ群がHTMLのタグとして実装されているため、Webアプリケーションとの親和性が高く、WebページにこれらのHTMLのタグを埋め込むだけでビジュアルコミュニケーションのアプリケーションを構築することができます。
また、部品の各種デザインはCSSによって行うことが可能となっているため、Webアプリケーション開発時のデザイン性についても拡張性が高くなっています。
また、SOBAフレームワーク・クラウドでは、映像や音声の送受信にWebRTCも選択できるため、各種ブラウザに組み込まれた最新の映像コーデック・音声コーデックを利用することができます。
これによって、高品質な映像や音声を使って遠隔地とリアルタイムにコミュニケーションを行うことが可能となっています。

    

フレームワーク・クラウドの特長Strong point

  • アイデア次第で何でも出来る!

    アイデア次第で
    何でも出来る!

    フレームワーク・クラウドには多数の双方向性ライブ通信システムの開発実績があります。SNS、ライブ配信、インターネット家庭教師システムやECサイトなどを簡単に作ってみませんか?

  • たった2行のコードを貼り付けるだけ!

    たった2行のコードを
    貼り付けるだけ!

    パーツを選んで表示されたコードをコピーして貼り付けるだけでご利用頂けます。1分でビデオチャットがwebサイトに組み込めます。

  • たっぷり2500分まで無料!

    WebRTCパーツ利用無料!

    ビジュアルコミュニケーションの最新技術であるWebRTCに、当社の独自開発であるルーム機能を組み合わせ、より便利に簡単に多人数での通信がご使用頂けます。使用料金は無料!

  • タブレット&スマートフォン対応!

    タブレット&スマートフォン対応!

    フレームワーク・クラウドのパーツはPC画面上インターネットブラウザでご覧頂けるのはもちろん、タブレットやスマートフォンでもご覧頂けます。※一部制限あり

2種類の販売形態2 Styles of selling

オンプレミス・プラン

オンプレミス・プラン

各パーツ群の買い切りタイプの料金です。
御社サーバにパーツ群を設置するため、月額料金が発生しないことが特徴です。
詳しくは料金ページ

クラウド・プラン

クラウド・プラン

当社サーバにあるパーツ群を呼び出し、通信を行うことが可能です。
イニシャルコストが発生しない従量課金プラン(利用した分のみの料金発生)であることが特徴です。
詳しくは料金ページ

WebRTCでの開発Developed using WebRTC

WebRTCの登場

webrtclogo

WebRTCの登場はヴィジュアルコミュニケーション界隈に衝撃を与えました。
ビデオや音声データの通信を実現するプラットフォームはいくつか存在しますが、その中でもWebRTCの品質の良さは目を見張るものがあります。
SOBAフレームワーク・クラウドでは、より簡単にWebRTCを利用したサービスをいただけるよう、APIを設けています。

WebRTCとは?

WebRTCとは、Web Real-Time Communicationの略で、W3Cが提唱するリアルタイムコミュニケーションのためのAPI群です。
WebRTCに準拠したWebブラウザを利用すれば、追加のプラグイン等を必要とせず、Webブラウザ間で映像や音声のやり取りを実行することができます。
また、ファイル共有やデータの共有を行うことが可能です。WebRTCに対応しているブラウザとしては、PC版ではGoogle Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Opera などがあります。
Androidでは、Google Chrome、Mozilla Firefox、Operaがあります。iOSでは現在のところ対応しているブラウザはありませんが、Apple が iOS での対応を表明していることから、今後Safari(Safari 11で対応の予定) での対応が期待されます。

SOBAフレームワーク・クラウド上でのWebRTC

通常、WebRTCの技術を用いるときには、Javascriptによる開発が必要ですが、当社のフレームワーク・クラウドを使うとプログラミングの知識は不要で、HTMLの2行のタグを貼り付けるだけでWebRTCの技術を利用できます。
サーバーサイドの開発が全く必要なくなりますので、スクラッチで開発するより遥かに少ない工数でヴィジュアルコミュニケーションの機能を組み込むことが可能です。また当社のWebRTC開発パーツは、1対1のビデオチャットだけではなく n対nのビデオチャットを可能とします。
WebRTC開発パーツの詳しい使い方や、登録方法などはWebRTC開発のページをご覧ください。

SOBAフレームワーク・クラウドを使ったアプリケーションCase Study

SOBAフレームワーク・クラウドを使って多数のアプリケーションが実装されています。以下にその例を挙げます。また受託開発に関して詳しく知りたい方はコチラ

賃貸物件販売システム

無人の場所(たとえば駅の中)にKIOSK端末のような端末を設置し、その前に来たユーザー(賃貸物件を借りたい人)に対し、遠隔地の不動産店舗にいる担当者が賃貸物件を販売する。
販売の手順は、店舗と同様。ユーザーは、操作する必要がなく、担当者が物件カード・外観図・路線図・地図などを見せながら商談を進める。
最終的には、賃貸物件を実際に見に行く必要があるため、端末の前では最後に来店予約をしてもらって終了する。

お見合いシステム

会員登録している男性・女性がWebサイトにログインし、そのWebサイト内でお見合いを行うことができる。たとえば、男性が女性を5人選択し、10分ずつ女性と会話することができ、
最後に好みの女性を1人選んで、その1人とは長く会話を行うことができる。これら一連の処理が自動化されている。

遠隔医療システム

病院にいる医者が、自宅にいる患者を診察することができる。専用の端末を用いる。
その端末には、バイタルセンサー(血圧計・心電計・体組成計・血糖値計)が接続できるようになっており、患者は毎日自分の健康状態を測定する。測定したデータはインターネットを介して自動的に病院のセンターにあるサーバにアップロードされる。
診察は1週間に1回行うが、医者と患者は、このバイタルセンサーで取得したデータをお互いに見ながら、医者が診察を行う。

家庭教師システム

授業を受けたい生徒は、Webサイトから自分が希望する講師を選び、家庭教師の予約を行う。
生徒は、その予約した時間にWebサイトにログインすることで、家庭教師を受けることができる。
PCには、顔を写すカメラとノートを写す書画カメラの2台のカメラを接続し、たとえばノートで問題を解きながら家庭教師を受けることができる。

デジタル掲示板システム

情報を共有したい複数の駅に設置されており、たとえば1つの駅で何か問題が発生した場合に、デジタル掲示板に書き込むと、他の複数の駅のデジタル掲示板にも瞬時に反映され、情報を共有することができる。
どの駅のデジタル掲示板に書き込みを行っても、ほかの駅のデジタル掲示板に反映される。

手話通訳システム

PCやスマートフォン・タブレット上で手話通訳を行うシステム。聴者・ろう者・手話通訳者がお互いの顔や手話をみながらリアルタイムに対話することができる。
聴者は手話通訳者と音声を使って話をし、ろう者は手話通訳者と手話で話をする。

介護システム

介護施設の個室に端末が設置されており、その端末にはカメラやマイク・スピーカが接続されている。介護施設のセンターで多数の個室の様子をモニタリングすることができる。
個室のいずれかを詳細に見たい場合には、その個室の映像が拡大され、詳細な状況を見ることができる。センター側から個室のユーザに対して話しかけることもできる。

電子商取引+ビジュアルコミュニケーション・システム

電子商取引ができるWebサイト(クリックして物品を購入するサイト)に、ビジュアルコミュニケーションの機能を組み込み、たとえば商品の説明を直接担当者と対話しながら聞くことができる。
場合によっては担当者は、商品の詳しい画像や動画などを見せながらリアルタイムにユーザに説明を行うことができる。

遠隔葬儀システム

葬儀の際に、各種事情で葬儀場に行けない人に葬儀の状況を中継する。遠隔地から弔電を書き込むこともできる。また、香典を送ることや献花をすることもできる。

遠隔披露宴システム

結婚披露宴の様子を、披露宴会場に行けない人に配信する。場合によっては、披露宴会場と遠隔にいる人とが直接対話することもできる。

旅行販売システム

旅行を販売する際に、混雑する窓口を緩和するために、旅行代理店の店舗に端末を設置する。その端末の前に来ると、遠隔のセンターに接続され、そのセンターの担当者と対話しながら、旅行プランの策定などを行うことができる。

通訳システム

スマートフォンやタブレットなど、可搬型の汎用的な端末にアプリケーションをインストールすることで、通訳システムを利用できるようになる。
たとえば、ユーザが物品を購入したいが店舗にてユーザが話す外国語が通じず困った際に、スマフォやタブレットに話しかけると、遠隔地のセンターにいる通訳者が通訳を行い、店舗の担当者に伝えることで物品をスムーズに購入することができる。
またよりリアルタイムな通信が求められる通訳システムではWebRTCによる開発が非常に有効である。

構内案内システム

道案内が必要な場所(空港、百貨店・・・)に設置されている端末の前でユーザが端末に話しかけると、遠隔のセンターにいる担当者が対応を行う。
たとえば、空港内で荷物の発送できる場所が知りたい場合、端末に話しかけると、センターにいる担当者が構内図を見せながら説明を行う。
あるいは、直接必要な場所(たとえばイタリアン・レストラン)の担当者を呼び出し、会話する(予約するなど)ことができる。

コンシェルジェ・システム

ホテルなどで、コンシェルジュへの相談が必要な場合、設置されている端末に話しかけると、遠隔のセンターにいるコンシェルジュにつながり、直接リアルタイムにサービスを受けることができる。

証券販売システム

銀行でも証券が販売されているが、窓口には常に専門知識がある担当者がいるとはかぎらない。銀行の窓口に設置されている端末から遠隔のセンターにいる担当者に接続され、その担当者が証券の説明を行う。

相続相談システム

銀行の窓口で相続の相談をする場合、かなりの長時間担当者が拘束されるため、小さい支店などでは業務に支障がある場合がある。
銀行の窓口に設置されている端末からセンターの担当者に接続し、相続の相談をしてもらうことで、小さい支店でも業務への支障なく、相続の手続きなどを行うことが可能になる。

面接システム

多数の新卒者や転職者の面接を行う企業では、時間の確保が難しい場合がある。
あるいは、新卒者や転職希望者が、遠くの企業への就職を希望する場合、移動に時間やコストがかかる。たとえば、一次面接を遠隔地同士をつないで行うことでこれらの問題を解決できる。
面接官と就職希望者はお互いに履歴書や職歴書を見ながら面接を実施することができる。またWebRTCによる開発で、面接者側の煩雑な設定を解消した。

    

フレームワーク・クラウドの利用例Case

  • 運営しているお見合いサイトに、ライブチャット機能をつけたい。

    詳細はこちら

    お見合いサイトにライブチャット機能をつけたい

    運営しているお見合いサイトに、「顔を見合わせ会話を楽しむことの出来るライブチャット」の機能をつけたい場合も、フレームワーク・クラウドなら容易です。

    フレームワーク・クラウドを使うと簡単にライブチャット機能をつけることが出来ます。

  • オンライン家庭教師サービスを始める予定。
    既存のサービス利用ではなく、システムを1から作りたい。

    詳細はこちら

    オンライン家庭教師システムを1から作りたい。

    オンライン家庭教師システムを1から作りたいということでご連絡頂きました一例で、喜びの声も下記に紹介します。今までにない新しい形の家庭教師サービスをご希望なされていましたので、受託で開発を承り、フレームワーク・クラウドを基にシステム開発をさせて頂きました。

    新しい事業を始めるにあたり、社内にエンジニアがいない状況で「オンライン家庭教師システムを1から作りたい」という要望がありました。そこでSOBAプロジェクト様に相談させて頂いたところ、フレームワーク・クラウドを基にして開発をすすめれば安価でこれまでにないシステムを作れるというお話でしたので、開発をお願いしました。

  • Web会議システムを作って売りたい。
    セミナー配信がしたい。

    詳細はこちら

    Web会議システムを作って売りたい。セミナー配信がしたい。

    弊社で開発・提供をしているWEB会議システム「ミエルカ・クラウド」「SOBA ライブ」はフレームワーク・クラウドを基にしています。会議室内は登録等不要でどなたでもご覧いただけますので、開発例として是非ご覧ください。


    開発のお手伝いやサポート等のご依頼もお受け致しておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。

開発の相談も承ります。(詳しくはコチラ
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

SOBAフレームワーククラウド on Amazon VPC 作成してみた

お知らせInformation

毎月2,500分まで無料。まずはお試し

更新中!「こうしたい時はどうするの?」等のご質問、大歓迎です!

作成してみた

お電話は 0120-169-279 までお気軽にどうぞ。

担当者よりお電話をおかけします。

以下のフォームにご記入下さい。