JOYSOUND様
「スナックタウン」

開発サービス
  • 新型コロナウイルスの感染拡大で休業中のスナックを対象にオンラインで営業できるオンラインスナックシステムを開発

新型コロナウイルスの感染拡大で休業中のスナックを対象にオンラインで提供できるサービスの提供を始めたいとのご要望でした。そこで、スナック店にライブ配信用の機材を設置し、利用者はスマートフォンで会員登録を行いポイントを購入することで店員とオンラインでつながるシステムの開発依頼を頂きました。

BEFORE お客様の課題

開発を決定するまでの課題

新型コロナウイルスの感染拡大で休業中のスナックを対象にオンラインで提供できるサービスの提供を始めたいとのご要望でした。

1. 苦境に立つスナックの支援

現在、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令等により、飲食業界、特にスナック、BAR業態の店舗への打撃は甚大な状況です。そうした苦境に立つ店舗の支援を行うサービスの提供

2. 出かけたくても出かけられないユーザーの存在

次世代型の「家飲み」と、スナック店舗が持つ 「どこか懐かしさを感じる落ち着いた雰囲気」の実現したいと考えていました。

AFTER 解決方法

SOBAにご依頼いただきこのように解決できました。

1. 次世代型の「家飲み」を提供

次世代型の「家飲み」 と、スナック店舗が持つ 「どこか懐かしさを感じる落ち着いた雰囲気」を実現することが出来ました。

2. スナックへの効果的な支援策の提供

スナック店舗にいるママとユーザーがオンラインでつながることでまるで店舗にいるかのような感覚を自宅で実現できました。

ご担当者様

「SOBAフレームワーク・クラウド」選定ポイント

弊社の開発キットを採用された理由をお聞きしました。

1から開発した場合に比べ、非常に見積もりが安価だった

SOBAフレームワーク・クラウドを利用し、開発を行うことで開発コストを大幅に圧縮することができました。

高い完成度

ビジュアルコミュニケーションの最新技術であるWebRTCのパーツを提案いただいたことで綺麗な映像・音声に高い操作性、用途に合わせたピンポイントな機能も実現することができました。

Web会議システムの開発会社として信頼できた

多くの開発実績と、業界大手での導入実績もあったことが決め手でした。

Web会議システムのカスタマイズ開発も承っていますので、お気軽にお問合せください。

 
 

資料ダウンロード

WebRTC資料

「WebRTC開発コスト『 1/10 』の理由」(PDF版無料ダウンロード)

長年のWebRTC開発及び運用実績をもとに、WebRTC開発会社の選び方や運営のコツを資料にまとめました。

WebRTCの導入をご検討されている方は、ぜひ一度ご一読ください。
<内容>

1.映像コミュニケーション
2.映像を配信するノウハウ
3.開発コスト「1/10」の理由(わけ)
4.御社のブランドで提供可能
5.サーバー管理は弊社にお任せ
6.SOBAフレームワーク・クラウドの仕組み
7.SOBAフレームワーク・クラウドの強み
8.ライセンス料金
9.サポート体制
10.留意事項及び動作環境

下記から資料をダウンロードしてください。

-->