遠隔医療システム

開発サービス

病院にいる医者が、自宅にいる患者を診察することができる。 専用の端末を用いる。 その端末には、バイタルセンサー(血圧計・心電計・体組成計・血糖値計)が接続できるようになっており、患者は毎日自分の健康状態を測定する。 測定したデータはインターネットを介して自動的に病院のセンターにあるサーバにアップロードされる。 診察は1週間に1回行うが、医者と患者は、このバイタルセンサーで取得したデータをお互いに見ながら、医者が診察を行う。

フレームワークを利用した受託開発も承っていますので、お気軽にお問合せください。

 
 

資料ダウンロード

WebRTC資料

「WebRTC開発コスト『 1/10 』の理由」(PDF版無料ダウンロード)

長年のWebRTC開発及び運用実績をもとに、WebRTC開発会社の選び方や運営のコツを資料にまとめました。

WebRTCの導入をご検討されている方は、ぜひ一度ご一読ください。
<内容>

1.映像コミュニケーション
2.映像を配信するノウハウ
3.開発コスト「1/10」の理由(わけ)
4.御社のブランドで提供可能
5.サーバー管理は弊社にお任せ
6.SOBAフレームワーク・クラウドの仕組み
7.SOBAフレームワーク・クラウドの強み
8.ライセンス料金
9.サポート体制
10.留意事項及び動作環境

下記から資料をダウンロードしてください。