受託開発プラン

従来開発費の1/10

従来のサービス開発コストの10分の1のコストで開発ができます。
SOBAフレームワーク はあらゆるビジュアルコミュニケーションの問題を解決します。

開発費用を抑えられる理由

  • フレームワーククラウドの基盤記述があるのでビジュアルコミュニケーションの部分を1から開発する手間が省けます。
  • 汎用的に扱えるシステムを目指して開発しているため、映像はパーツを組み合わせるだけで使えるようになっています。
  • 当社は産官学プロジェクトの頃から長くビジュアルコミュニケーションの開発を行ってきた独自のノウハウがあります。

開発の流れ

  • ヒアリング
  • - 抱えている課題・問題点を洗い出し、ご要望をお聞きします。

  • 仕様打ち合わせ
  • - お伺いしたご要望をもとに仕様の打ち合わせを実施致します。
    ご要望に沿いながら最適な環境づくりのためのご提案もさせていただき、システム開発内容、開発期間、開発予算等を含むお見積書を作成いたします。

  • 要件定義
  • - 実装すべき機能や満たすべき性能などを明確にしていきます。
    整理した内容をもとに業務フローを作成し、ユーザ部門と認識の齟齬がないよう進行していきます。

  • プログラミング
  • - 作成した開発プランに沿って、システムの設計・開発を行います。
    開発中も必要に応じて担当者から連絡させて頂き、業務の詳細や設計、開発等の進捗についての打ち合わせを行っていきます。

  • テスト
  • - 実際に使用し、業務に不都合がないか検証します。
    また仕様に沿っていないところは、この期間中に機能追加および修正をいたします。

  • レビュー
  • - 仕様や要求を満たす内容になっているか、誤りや不具合が無いか、性能面で問題が無いかなどについて開発者にフィードバックをします。

  • 納品
  • - システムを運用いたします。調整を行い、トラブルフリーの環境を実現します。

開発の相談も承ります。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

SOBAは高度な技術力を備えています。

当社は京都大学を中心とした5大学(京都大学・東京大学・東京工業大学・早稲田大学・慶應義塾大学)と、NTTおよびオムロンの企業グループ)からなる産官学共同プロジェクト「SOBAプロジェクト」を母体としています。

文部科学省からの委託研究として2000年から2004年まで、ビジュアルコミュニケーションの基盤技術を研究し、2005年からはこの成果を引き継いで株式会社SOBAプロジェクトとして活動しています。
一般的に、ビジュアルコミュニケーション※のサービス開発にはコストがかかります。映像や音声の送受信を行うWebサービス、一般的なWebアプリケーションに比べると難易度も高いです。リアルタイムに映像や音声を扱う関係上、不具合の混入の可能性も高く、問題解決が難しいのも実情です。

SOBAフレームワークとは、ビジュアルコミュニケーションに利用される部品(パーツ)群です。たとえば、映像・音声パーツ、スライドパーツ、テキストチャット・パーツ、録音録画パーツなどがあります。
当社では、このSOBAフレームワークをベースにしてサービス開発を実施します。 自社製品の開発、他社様からの受託開発を積極的に行っています。

料金プラン(オンプレミス・プラン)

オンプレミス・プランとは

各パーツ群の買い切りタイプの料金です。
御社サーバにパーツ群を設置するため、月額料金が発生しないことが特徴です。
お客様にご都合のよい料金形態のご提案もさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 保守料金は初年度無料です。
  • 次年度から契約料金の20%を申し受けます。
  • 保守の要・不要は選択可。不要の場合、保守料金は発生しません。

お申し込みの流れ

お問い合わせ

まず当社にお問い合わせください。【フリーコール】0123-169-279

商談・お見積もり

お問い合わせに対し、製品のご案内とお見積もりを致します。

納品・ご利用

御社サーバにパーツ群をセットアップします。

それぞれのパーツタグを御社Webサイトに貼り付けて、

ビジュアルコミュニケーションのサービスを展開いただくことが可能となります。

毎月2,500分まで無料。まずはお試し

お電話は 0120-169-279 までお気軽にどうぞ。

担当者よりお電話をおかけします。

以下のフォームにご記入下さい。