トップメッセージMessages

産学官協同プロジェクト発祥

当社は、2001年に京都大学を中心とした研究グループ(京都大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学)とNTTコムウェア株式会社およびオムロン株式会社によって発足したSOBAプロジェクトを前身としており、2002年度から三年間に渡って文部科学省による支援を受け、産学官協同で情報通信ソフトウエアの研究開発を進めて参りました。

その研究成果であるSOBAフレームワークを基盤技術とした、情報通信サービス/ソフトウェアの開発・販売を行っております。

社名の由来

“SOBA”とは、Session Oriented Broadband Applications の略であり、情報を共有するための空間と手段を提供するネットワーク・アプリケーションの総称です。

いつもあなたの側(そば)に存在し、傍(かたわ)らにある身近な技術となるように親しみを込めたネーミングでもあります。

会社概要Profile

会社名
株式会社 SOBAプロジェクト (ソーバプロジェクト)
所在地
[京都本社]
〒600-8815
京都府京都市下京区中堂寺粟田町93番地 京都リサーチパーク6号館3階

[東京支社]
〒105-002
東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2F-2
電話番号

075-323-6066(代表)

0120-169-279(携帯・PHS可能)

URL
http://www.soba-project.com
代表者
乾 和志
設立年月日
2005年1月27日
資本金
6,850万円 (資本準備金:4,250万円)
主要株主

オムロン株式会社

野村リサーチアンドアドバイザリー株式会社(野村證券グループ)

株式会社サンエイトホールディングス

沿革History

2001.09
京都大学他5大学・オムロン株式会社・NTTコムウェア株式会社による、産学協同SOBAプロジェクト発足
2002.07
SOBAフレームワークα版公開
2002.09
文部科学省の委託業務に採択・三年間の産学官協同プロジェクトへ
2003.10
SOBAフレームワーク Ver1.1公開
2005.01
株式会社SOBAプロジェクト設立
2005.03
産学官協同プロジェクトの完遂・SOBAフレームワーク Ver1.2公開
2005.11
独立行政法人「情報通信研究機構」による平成17年度民間基盤技術研究促進制度の研究開発課題に採択
2006.12
テレビ会議システム「SOBA mieruka 」サービス提供開始
2008.07
手塚治虫誕80周年記念企画、手塚作品を読んで、観て、語り合える、会員制コミュニティサイト「手塚治虫マガジン倶楽部」(企画:株式会社手塚プロダクション)サービス提供開始
2009.05
学校法人 八洲学園と共同出資し、株式会社SOBAエデュケーションを設立
2009.12
「SOBA mieruka」サーバー導入型発売開始
2010.04
インターネット個別指導システム「SOBA スクール」を開発、ASPサービス提供開始
2011.01
「手塚治虫マガジン倶楽部 iPad版」提供開始
2012.04
「手塚治虫マガジン倶楽部 Andoroidタブレット版」提供開始
2012.06
無料セミナー配信サービス「SOBA Live(ソーバ・ライブ)」提供開始
2013.02
クラウド型無料Web会議サービス「SOBA meeting(ソーバ・ミーティング)」提供開始
2013.05
クラウド型Web会議サービス「SOBA mieruka cloud(ソーバ・ミエルカ・クラウド)」提供開始
2013.09
双方向ライブ通信開発ツール「SOBA フレームワーク・クラウド)」サービス提供開始
2013.09
「SOBA mieruka cloud」Androidに対応

毎月2,500分まで無料。まずはお試し

更新中!「こうしたい時はどうするの?」等のご質問、大歓迎です!

作成してみた

お電話は 0120-169-279 までお気軽にどうぞ。

担当者よりお電話をおかけします。

以下のフォームにご記入下さい。